プロフィール

Yagi Tatsuuuya

Author:Yagi Tatsuuuya
現在:中東諸国
年齢:25
趣味:球蹴り・球就き・はたまた旅
現状:分岐点に立つ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
今日のお天気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知!!

こんにちは。
今回、告知!!という題名から察されるかと思いますが、
報告したいことがあります。

外大生のみなさん、
ただいま僕たち学部自治会では、
もう就職活動を終えられたみなさんから
就活関連本を回収させてもらい、
それを今の就活生に役立ててもらいたいと思い、
貸し出しをしようと考えています。

貸し出しについてはもうすぐはっきりできますが、
まずは本を集めさせてもらいたいと思っています。

本回収の箱が、食堂の入り口と図書館の入り口に置かしてもらって
いますので、もしよかったら入れてください。

それを後輩に受け継ぐことで、
みなさんの知恵(メモなど)はもちろん、
経済的にも有効ではないかと思っています。

ご協力よろしくお願いします。



以上が僕からの告知でした。

最近の日常は、
移動と書き書きの連続。

どちらも自分にとっては楽しく、
またおもしろい要素であります。

移動に関していえば、
知らん土地にいけたり、
新しい発見ができたりと、
飽きないことはありません。

書き書き、具体的にいえばエントリーシートや
履歴書ですが、
自分をいかに相手に伝えるか。

ほんの数百文字で、
自分を伝えることなんてできない。

それでも、知ってもらうきっかけは作られると思います。
そのために書いているのか。なるほど。

でも言葉で着飾りすぎず、
できるだけ裸を伝えていきたい。

一番気にかけるところは、
出題者の意図を読み取るということでしょうか。

試験なんかもそうですが、
いわばテストもエントリーシートも
出題者との対話である。

いつかのドラマでいっていたことですが、
まさにその通りだと思います。

相手を置き去りにして、
対話は成立しない。

しっかりと額面どおりではなく、
もう一歩踏み込んだところまで読み取りたい。

そんな思いで書いていますが、
難しいんだこれが。

時間をかけていけば、
それだけ洗練されたものができそうですが、
そうは問屋が卸さないときも。

自分の視点だけですもんね。
そこで大切なのは違った視点。

不思議と自分で書いた文章って、
隣の人が見てくれるといろんな発見がありますよね。
自分では気づくことができなかったこと。

その分広がっていくということでしょうか。
うん、そういうことにしよう。


先週は名古屋、今週は東京、来週は火星と、
移動の日々は続いていきます。

火星!?旭化成!?落花生!?!?

広いけど遠くはない。
もっともっとがんばらなあかん。

ほなまた!!
スポンサーサイト

大寒波。

こんにちは。
最近ほんまに寒いですねー。
ウチの近くの池?沼?は
一面氷がはっております。
スケートするにはまだ足りませんが。

昨夜は外大学部自治会の引継ぎがあり、
正式に自分たちがこれから動いていくと思うと、
気を引き締めていかなあかんというのと、
徐々に実感できてきて、
若干の緊張もあります。

しかし!
そんなことを感じてるヒマはない。
突き進んで行きます。

前自治会の方たちと飲んだ後、
新メンバーでの二次会@自宅。

ほんまにおもしろく、
楽しくやっていける確信をもち、ワクワクしています。

自治会員のみんな、これからよろしく(^^)

自分たちから動いていって、
プラスな影響をどんどん発信していきたいと
思っています。

そして最近はなんといっても就活。

世間一般でいわれる就職活動は、
エントリーや説明会参加、
エントリーシート記入などだと思いますが、
自分にとっては、
日常すべてがつながっていると思います。

何をやりたいか。
どうなりたいか。
何を成したいか。

就職活動というくくりはありますが、
やっぱりひとつのイベントのような
面も見過ごせない。

そこではそこに入り込みすぎず、
自分を留めて観察し、
夢とつなぎあわせていきたい。

だからこそ、
すべてに全力を注ぎ、
進んでいくことが、
自分の夢にもつながっていくし、
近づいていけると思います。

よし!
がんばっていこう。

最近読んだ一冊。

温室デイズ (角川文庫)温室デイズ (角川文庫)
(2009/06/25)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る



さっき昼にも関わらず、
この寒さの中、
氷は残っていました。
こ(お)りごりです。

新年。

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

年が明け、
これから新しい日が始まっていきます。

昨日まで、実家の京都に帰っていました。
家族と過ごし、友達と朝まで過ごし、
充実しまくりの日々でした。

昔話に花を咲かせて、
笑いが止まりませんでした。

友達と話していると、
自分、もっとがんばらなあかんて思いました。

みんながんばってるし、
自分もそれに負けていられない。

一生懸命に生きていく。
そうせんと、罰があたるんじゃないかと
思えそうです。

就活についてのアドバイスから、
自分の今後への指摘など、
話していて飽きなかった。
なによりも楽しかったです。

神戸に帰ってくる途中にも、
ひとり地元の友達に会い、
ふたりで餃子をつついてきました。

つながりのような大切なもの、
それはつかみ所がない、
でも確かなものである。

だからなんの心配もしないし、
不安にもならない。

瀬尾まいこさんの小説にもでてきたことですが、
そのとおりだと思いました。

おすすめ書籍。

卵の緒 (新潮文庫)卵の緒 (新潮文庫)
(2007/06)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


それではみなさん、
これからもよろしくお願いします。

P.S
2010年は暑い年になると思われます。
20(ふっ)10(とう)なだけに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。