プロフィール

Yagi Tatsuuuya

Author:Yagi Tatsuuuya
現在:中東諸国
年齢:25
趣味:球蹴り・球就き・はたまた旅
現状:分岐点に立つ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
今日のお天気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年1月29日

こんばんは。
今日は取引先との飲み会からいつもの居酒屋さんへ行き午前様。
たまにはいいと思います(いつもでしょ、という声は聞こえません)

今日のテーマは「話すスピード」について。

僕自身、何か言いたい事があると、
つい早口になってしまいがちです。
頭では言いたい事がわかっていても、
口にするのが難しく、ついどもってしまいます。

そんな時、思い出すのが「いつもよりゆっくり話す」という事です。

僕の拙い経験から、早口で話しても良い事はあまり無い気がします。

相手をたたみかけるように話してしまうし、
言葉が思考に追いつかないため、言葉に詰まってしまいがちです。

しかし、ゆっくり話す事で、そんな事なんて全くないかのような状態になるし、
何より、話しながら考えられるようになると思います。
つまり、話す文章を分かりやすく、且つ、聞いてもらえるように話せると思います。
説得力が増すと言えるかもしれませんね。

特に周りのスピード(時間の早さも含めて)が早いとき、
「いつもよりゆっくり話す事」を意識すると、
自分の言葉で話が出来ていると感じられます。

どんどん周りが早くなっていく中、
逆に自分はゆっくり言葉を発しながら進むのも、
一つかもしれません。
スポンサーサイト

2015年1月27日

こんばんは。
少し間が空いてしまいました。

毎日が怒濤のように過ぎて行く中、
少しは立ち止まって考える時間があれば、
自分の存在を噛み締める時間になる、
そんな気もする午後11時30分。

今日のテーマは「行動力」について。

人によっては「行動力あるなぁ」という人に出会う事もあるし、
「全然動かないなぁ」と思う人もいます。
この違いは何なのでしょうか?

答えは「行動しているかどうか」です。

そんな事分かっとるわい、という声が聞こえてきそうですが、
行動出来る人は、行動が行動力を生む事を知っていると思います。

世の中で「行動力のある人は行動している」という考えが流布していると思いますが、
実は逆の気がします。
「行動している人は行動力がある」のです、
つまり、「行動している人は、行動力を生み出している」と言えると思います。

ダラダラしてても、何もする気が起きません。
でも例えば、歯を磨きに立ったら、そのついでに洗濯もしようかという気になる時もあります。
そこで洗濯も思い切ってしてしまうと、また次の行動アイデアが浮かんでくると思います。

「行動する気がない時は、とにかく動く」事を意識すれば、
自然と体も心も動くのかもしれませんね。

2015年1月20日

おはようございます。
昨晩は突然飲みに行き、日本酒を楽しんだせいで
帰ったらバタンキューでした。

今日のテーマは「書く」ことについてです。

最近、「ひらめきメモ」というツイッターで、
「キーボードで打ち込むよりも、書くほうが考えながら
文字を表現出来る」、「仕事中、思いついたことがあったら書き留める」
という文章を読みました。

さっそく実践してみると、たしかに考え、仕事の順序がまとまります。
文字にする事で目に見える形になり、
普段ならどこかにいってしまうアイデアも、
消えずに留める事が出来ます。

仕事の順序、次にすべき事も明確になり、
「次どうしよう」と考えながら目の前の事をするよりも、
集中して出来ると思います。

最近では漢字が思い出せないなんてことをよく聞きますが、
そういう事の予防になるかもしれません。

考えを文字にして明確にしながら、
今日も進んでいきたいと思います。

2015年1月18日

おはようございます。
少し更新が空いてしまいました。
続ける事に意味があるのに、
まだまだ自分をコントロール出来ていない事が現れています。
もっと意識付けしていきます。

さて、今日のテーマは「連絡」についてです。
特に親しい間柄、つまり恋人同士ってことですね。

今やLINEや色んなツールでリアルタイムで連絡が出来る時代です。
それが当たり前となって、相手の気持ちを鑑みず「あの人から連絡が来ない」という
新たな感情が生まれ、どうでもいいことを気にしてしまうこともあるかもしれません。

ですが、これってどうでしょうか?
常に誰がどこで何をしているかを把握する必要があるのでしょうか?

家族や、会社なら上司は部下の予定を把握する必要があるかもしれませんが、
他人同士ならそれはどうでしょうか?

おそらく、LINEなどで常に相手と交信することで、
相手の事を想像する時間がなくなると思います。

相手の事を想像する時間こそ、相手を想う時間になる、
これは「祈り」に関する記事でも書きましたが、
そういう時間が現代では少なくなっていると思います。

そのせいで、相手が自分の範疇を超える行動を起こすと、
すぐにイラっときたり、些細なことが争いにつながったりすると思います。

相手の事を想像する時間を意識的に取る事で、
心中穏やかになったり、色んな事態に対処出来るのではと思います。

あまりに連絡を取りすぎるのもどうかと、一つ疑問に思った日曜の朝でした。
この考えは、「世界から猫が消えたなら」という物語から少し派生させています。
現代が抱える矛盾にもっと色々な考察が書いている物語ですので、
もしお時間がございましたら一読される事をお勧めします。
それでは。

2015年1月12日

こんにちは。
今日は成人の日ですね。
僕も何年か前に経験しましたが、
中学時代の友達に会えるというのはいいですね。
「大人」になった事を祝うと同時に、
「再会」出来る場でもあり、そういう事を国全体で
実行しているということは素晴らしい事だと思います。

今日は「成人」について考えたいと思います。

何をもって「成人」、「大人」というのか、
それは各国色んな基準があると思いますが、
現代で主流なのは「年齢」による基準でしょう。

一つ孕んでいる問題点が、
画一的に執り行われていることかなと思います。

例えば、ある山奥の部族では「ある事をが出来れば成人」と認められる習慣があるとします。
それは年齢に関係なく、事を成し遂げられた者のみ、成人と見なされ、
仕事も裁量の幅も広がるとすれば、
それは杓子定規に考える現代より、成熟したコミュニティ運営が為されるのはないかと思います。

人口がこれだけ多い現代では、そのような運営方法は現実的ではありませんが、
理にかなったものだと思います。

日本では奈良時代以降、すでに「元服」と呼ばれる成人になる通過儀礼があったそうですが、
あくまで想像ですが、それが現代の成人式にもつながっているように思います。

繰り返しになりますが、なにをもって「成人」、「大人」なのかという議論ですが、
僕は「自分の稼いだお金で生活出来る」ことで、一歩「大人」に近づくのではないかと思います。
各国の基準があると上記しておりますが、
やっぱりそれぞれがどう思うかに尽きるのかなと。

そんな事を考えながら、成人の日を部屋でのんびり過ごしております。
あの頃に戻りたいと、色んなところで耳にしますが、
僕は今の方が楽しいので、未来に向かって走っていきます。

2105年1月11日

こんにちは。
今日はゾロ目の日ですね。
11月11日がポッキーの日なら、
今日はプリッツの日にしてみてもいいのかもしれまないと、
昼下がりの部屋の中で考えております。

今日は「小説を読む事」について考えたいと思います。

世の中には数えきれないぐらい多くの小説があると思います。
それぞれにそれぞれの物語があって、
その数だけ人がいる。

僕は小説を読むという事は、旅行することに似ていると思います。
色んな時代、色んな場所の追体験が出来て、
新たな発見、新しい出会いがある。

実際に旅行に行く事の一番の利点は、
自分の体でそのままを感じ取れる事。

小説で旅行に行く事の一番の利点は、
自分の想像も物語に加えられる事。

どちらが良いとかはありませんが、
物語を読むという事は、そういう体験が出来る事だと思います。
そんなわけで、今日も僕は新しい出会いを探して、
本の世界に没頭したいと思います。

今日の僕の文章の根底にある、
瀬尾まいこさん著作「図書館の神様」の一節をご紹介して、
今日のブログを締めたいと思います。

「文字を通せば、何年も前に生きてた人と同じものを見れるんだ。
 見ず知らずの女の人に恋することだってできる。
 自分の中のものを切り出してくることだってできる。
 とにかくそこにいながらにして、たいていのことができてしまう。
 のび太はタイムマシーンに乗って時代を超えて、どこでもドアで世界を回る。
 マゼランは船で、ライト兄弟は飛行機で新しい世界に飛んでいく。
 僕は本を開いてそれをする。」

2015年1月10日

こんばんは。
昨日は更新を怠ってしまいました。
その理由は、十日戎(実際には前福ですが)に行っていたからです。

電車で10分のところに今宮戎があり、
今年の商売繁盛を友達と祈って参りました。

今日は「祈り」について考えたいと思います。

イスラム教はアッラーに祈り、キリスト、聖母マリアへ祈り、
ユダヤ教はヤハウェに祈ります。
これは人々の結束を固める側面もあると思います。
同じものを信じる事で、隣の人も仲間だと認識したり、
生活習慣を共有する事で、お互いに安心感を持つ事が出来ると思います。

ですが、人間は元々「祈る」生き物なのではないでしょうか?

ここからは想像ですが、縄文時代、狩りに行く男たちの無事を、
女性陣は祈っていたのではないかと思います。
祈るべき方向(神様)は特になくても、
自分の思いが自然や神を超越した何かに届いたとき、
それは叶えられると思われていたかもしれません。

たとえ色々な宗教が誕生していなくても、
僕たちは祈ることを止めなかったと思います。

そこに理屈は存在しないと思います。
もしかしたら自分を納得させるための手段なのかもしれませんが、
そんなことを言ってはロマンがありません。

ただ、「祈る=想う」という事も言えるのではと思います。
誰かの無事を祈ったり、誰かの幸せを願うとき、
それはその人の事を「想っている」時間そのものなのかもしれません。

とても素敵ですね。
そうやってお互いに想い合い、繋がれるとしたら、
自分は一人ではないという確信になるかもしれません。

話が逸れましたが、
祈ることで様々なことのきっかけになると思います。
祈るだけでは世界は平和になりませんが、
それをきっかけとして、想いを持ちながら行動を起こせば、
変えられるものもあるんじゃないかと思います。

それが「祈る」ことの真意なのかもしれないなと思いました。

2015年1月8日

こんばんは。
昨日は酔っ払ったまま記事を書き、
途中まで書いて寝るという技を発揮してしまいました。

さて、今日のテーマは

「BGM」

です。

先日、シンガポールで光のショーを見ました。
音に合わせて光が色んな色に変わったり点滅したりするショーだったのですが、
1度目のショーは音響設備の不調で、光だけが色が変わったり点滅するだけで、
少しもの寂しい気持ちになりました。

2度目のショーは音響も直り、光との見事なコラボレーションで
すごい爽快な気持ちになりました。

音があるだけで、目の前の光景が全く違って見えた体験でした。
これは小説からの受け売りでもありますが、
自分の中の音楽を変えれば、目の前の光景が違ったように見えると思います。

色んな気持ちになるときも、自分の中の音楽を変えられれば、
気持ち自体も変えられるのではと思います。

そのスイッチを持っているのは自分だけだと思うので、
その瞬間に自分が見たいと思った光景を見るために、
音楽をバリエーションを色々ともっていたいと思います。

2015年1月6日

厳密には1月7日になりましたが、
そんなの関係ねえ!
ということで、今日も書きたいと思います。

今日のテーマは「歩行。」
特に歩道を歩いている時です。

私は臆病な性格なので、
考え事をしていない限り、常に周りを気にしております。
そのおかげで、後ろにチリンチリンが付いていない自転車が来ても、
避ける事が今のところ出来ております。

自分は気にし過ぎなのかもしれませんが、
それぐらいがちょうどいいのかもしれません。
海外に行ってたからこの感覚があるのかは分かりませんが、
いつ、どこで誰に襲われるかわかりません。
隣で歩いている人は突然暴れ出すかもしれません。

極端かもしれませんが、可能性はゼロではないと思います。
というわけで、常に警戒心を持っていなくちゃいけないかというと、
そうでもない気もしてます。
でも、そういう事もあり得ると思うだけで、
周りを観察する意識とか変わってくるのかなと思います。

というわけで、今日も私はビクビクしながら
出勤したいと思います。
ただ寒くて震えてるだけかもしれません。

2015年1月5日

これからの習慣付けのために、
毎日1つ、考えを巡らせた事に着いて書いてみようと思います。

今日のテーマは「SNS」について。

私もFacebookやtwitterをやっておりますが、
なぜあそこまで大勢の人が集まるのか。

私の答えは

「みんなでその場にいるような気持ちになれる」
「近況報告」
「プチ自慢」

の3つと考えます。

1.みんなでその場にいるような気持ちになれる
 映画や絶景を見るときもそうですが、
 一人で見てもそれなりに楽しかったり感動するものですが、
 誰かとその気持ちを共有出来たときは、
 その何倍も楽しかったり感動出来たりすると思います。
 何気なく「今のきれいだね」とか言い合えたら、
 同じ気持ちを共有出来て安心します。
 人間は誰かと気持ちを共有するために生きているかもしれないですね。

2.近況報告
 これは読んで字のごとく、海の向こうや長らく会っていない友達に、
 自分はどこにいてどんなことをしているのかを伝える事ができます。
 一人一人に手紙を書いたりメールを送るのは手間だし時間がかかる。
 そんな時に役立つのがSNS。
 こういった機能も、重宝される理由の一つなのかもしれません。

3.プチ自慢
 「私はこんなところにいるのよ、いいでしょ」
 みたいな、自己顕示欲を満たすために投稿している方もおられると思います。
 海外なんかはそんなことが多いのかな、よく知りませんが。汗
 これはどちらかと言うと少数派なのかもしれません。

という考えをまとめてみました。
また明日は違うものに考えを巡らせてみようと思います。

2015年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

早いもので社会人になって4年が過ぎようとしております。
1年の啓は元旦にありということで、
今年中にやり遂げることを書きたいと思います。

・学生時代の旅小説を書き上げる
・自前のホームページを作る
・アラビア語を自分のものにする
・仕事で年間10億円の売り上げを達成する

上記4つが主要テーマです。
他にも細かいことは色々とありますが、
とにかく全力でやらないと成し遂げられないことばかりですので、
しゃかりきになっていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。