プロフィール

Yagi Tatsuuuya

Author:Yagi Tatsuuuya
現在:中東諸国
年齢:25
趣味:球蹴り・球就き・はたまた旅
現状:分岐点に立つ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
今日のお天気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬。

大掃除を終え、
年賀状を書き終え、
こたつでまったりしております。

2010年が終わりを迎えようとし、
2011年が始まろうとしている。

今年の師走も充実していた。

フットサルに全力を尽くし、
友達や後輩との遊びに全力を注ぎ、
日々勉強させてもらえるCTで働いた。

今年は非常に激動の1年だったように思う。

旅からの帰国後は友でありライバルであるF君と写真展を開き、
就職活動に邁進。
就活後はサッカーと造園のお仕事に従事。

特に夏休みは特別な期間であったように思う。

部活のある日は半日部活、半日造園。
部活のない日は1日造園後の自主トレ。

造園の仕事ではいろんなことが学べた。
そしていろんな新しい人たちにも出会え、
最高に熱い職場だった。

自分にとってそれは労働ではなく、
好きで体を動かし勉強をさせてもらえる
最高の環境であった。

仕事であんなに汗をかいたのは初めてだったと思う。

仕事後は夕焼け空の下、
近所の公園でボールを追いかけた。

少しでも上手くなるため。
やるからには全力以上の力を注ぎたいと思い、
どんなに疲れていても欠かさなかった。

練習には何十時間、何百時間と時間を注いでいたが、
それが試合で発揮されるのはほんの数秒。

でも、その数秒で活躍をするためには
膨大な時間をかけなければならないと思う。

僕は運の良いことに試合でほんの一瞬であったが、
1人の練習が活きたと思える瞬間があった。

その場面の後は泣きそうなぐらいに鳥肌が立ち、
間違っていなかったと自信が確信に変わった。

あの瞬間は今でも鮮明に思い出せる。
その瞬間を味わえた今年の夏は、
本当に熱かった。

引退後はCTと卒論に邁進。

おかげで卒論は12月上旬に終わらせることができた。
細かい訂正はただ今検査中。

私生活も全く素晴らしかった。

デリカ(フットサルサークル)のみんなとは最低週1回は集まっていたと思う。
主に自宅でのお食事会。

その日にやろうと言い出しても、
みんな来てくれるのがほんまに嬉しい。

みんなありがとう。

そんなささやかな楽しさを噛み締めて、
いつもみんなと鍋をつついている。

まだまだ卒業まで時間はたっぷりあるので、
これからも集まっていこう。

その面でも非常に充実している。
会おうと思えば地球上に暮らしている限り会えるが、
これだけの時間を過ごすことができるのは今だけのように思う。

だからそれを大切にしていきたい。
今しか味わえない時間があるわけやから、
それは間違いなく自分次第で濃くしていける。

全く素晴しい日々である。

夏休みにはインド旅行にも行った。

約1年ぶりのインドであったが、
その熱気に変わりはなかった。

人々が大勢通りを歩き、
牛はそこらへんを闊歩し、
人々の目には力がこもっていた。

自分たちの力で「生きている」感覚を肌で感じることができ、
エネルギーをもらえた気がする。

過去のブログで「生きることに親しくなりすぎた」という引用を使ったが、
インドでは生と死が常に隣り合わせにあるような感覚で、
どちらとも距離が近い。

だからこそ僕らはインド人が「生きている」と感じるのかもしれない。

それはバラナシのガンジス川で顕著に感じられる。

死体を運ぶ人たちと常にすれ違い、
火葬場も見ることができる。

日本社会においては感じることが難しい「死」が近くにあった。
それを意識せずに暮らすことは、
まさに「生きることに親しくなりすぎる」ことだと思う。

自らの足で立っていたい。

旅行で言うと、
デリカのみんなで四国にも行った。

同期のみんなと行けるということで、
最高に楽しみにしてて、
その感じの通り最高に楽しめた。

そんな感じに様々なことが過ぎ去っていく日々。
最近は楽しいこと尽くしで楽しすぎるんだけどね。

でもそれでいいや。
その点で今年掴めたことがある。

楽しいことの裏には、
それと同じぐらいの汗があるということ。

それはサッカーの試合で活躍した瞬間に心から感じた。
日常に戻してみてもそれは同じだと考える。

最近見た映画でも言っていた。


ブレイブ ストーリー [DVD]ブレイブ ストーリー [DVD]
(2006/11/23)
松たか子、大泉洋 他

商品詳細を見る



運命には喜びや楽しい事と
同じくらい悲しみや不幸があって、
それを避けることはできないし、
その度に女神様にお願いして運命を変えて
もらうわけにはいかないんだって


前述の文とは少し意味が違うかもしれないが、
僕には同じような意味と捉えられる。

だからこそ日々頑張るのかはわからないが、
その結果として感動ってのはついてくると思う。

日々頑張るのは自分が成長するためだ。


人はみな大人になろうと
懸命に努力してる子供だろ?
                THE BOOM いつもと違う場所で



来年も駆け抜けていこう。
ではみなさん、よいお年を(^0^)
スポンサーサイト

Comment

今年もよろしく!
そうそう、この曲聴いてたらたっちゃん思い出したよ。
20年ぐらい前のマクドナルドのCMソング。
http://www.youtube.com/watch?v=iEmEtZy_t_Q
ほな。

ミブさん

今年もよろしくお願いします。
ゆったりソングですね。
寝る前に聞いています。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。