プロフィール

Yagi Tatsuuuya

Author:Yagi Tatsuuuya
現在:中東諸国
年齢:25
趣味:球蹴り・球就き・はたまた旅
現状:分岐点に立つ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
今日のお天気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年8月8日

お久しぶりです。
ずっと更新をさぼっており気が付けば4ヶ月が経っていました。
意識が薄いという証拠です。
自分の考えをまとめるためにも、
気が付いた時でも何でも、書き続けていきたいと思います。

今日は日帰りで石巻市、女川町に行ってきました。
石巻市の駅前商店街には、3年前に震災時のお話を聞かせて頂いた
オーダースーツ専門店の方がおられ、次に来る時はスーツ注文します!と
約束したので、それを果たしに行ってきました。

朝一の飛行機で仙台空港へ、そのままレンタカーで石巻駅まで行きましたが、
町がとてもきれいになっていることに驚きました。
アーケードがなくなり、新しい建物が次々と建てられ、
変化に圧倒されたというのが正直なところです。

石巻駅前商店街

3年も前のことだったので覚えてもらえてるか心配でしたが、
少し話すと思い出して頂けました。
とても嬉しかったです。
人生初のオーダーメイドでスーツを仕立てて頂き、
出来上がりが届くのが楽しみです。

スーツの店長さんと、今回出会った現地で活動されているNPOの方のお話を伺い、
課題はいくらでもある、と共通しておっしゃっておりました。
特に大切なのが産業の創出=雇用の創出です。
復旧は徐々に形になってきているが、5年後10年後も活気がある街に出来るかどうかは、
そこにかかっているという事です。
日本の地方で抱えている過疎化という問題、
これをどう解決していくかが、未来を左右します。
復旧から次のステージへ移りつつある今、
ニュースでも取り上げられる回数は減りましたが、
忘れてはいけない事だと思います。

自分に出来る事のひとつに、現地で買い物をする、という事があると思います。
その目的も兼ねて、今回行ってきました。

その後は被害が甚大だった女川町へ。
NPOの方にお聞きした話しでは、街全体の海抜を4.5M上げる工事をしているとの事でしたが、
本当に街の海抜が上がっていました。
この土地で生きていく、という強い決意や情熱に溢れている気がしました。
3年前はまだ出来ていなかった駅が完成しており、
夏祭りもやっていました。
そこには広島から来られた高校生のみんなが、もみじ饅頭を販売する屋台を出していました。

女川町駅

女川町もみじ饅頭

少しでも未来をより良いものにするために、
お互いに協力され、出来る事に全力で取り組んでおられました。
自分はこの方たちに顔向け出来るぐらい自分は全力で生きているのか?
まだまだです。
もっともっと、行動していかなければならないと感じました。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。