プロフィール

Author:Yagi Tatsuuuya
現在:中東諸国
年齢:25
趣味:球蹴り・球就き・はたまた旅
現状:分岐点に立つ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
今日のお天気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の旅。自分史上最長の文章かも。

梅雨も明け、
ここ最近はとっても良い天気。

なので時間がある時は海岸へ行き
夏の音楽を聴いて夏気分に浸り、
潮風を感じながら読書をしたりと
ゆったりとすごしております。

夏の曲といえば、なんといっても
INFINITY16の『真夏のオリオン』
これを聞ける季節がやってきた!

洗濯物もすぐ乾くし、
布団も干せるしで
部屋の中も明るくなっていく模様。
いやー気分がいいですねー。

そんな梅雨も明けきらぬ某日、
私は友人Fに会いに広島へ旅立った。

その日の昼間は激しい雨ゆえ、
友人Mからは出発を延期するよう咎められ、
その日は行かないことにした。

しかし、夕方になると雨足も弱まり、
出発できそうな空模様になったので
予定を変更し、更に変更し発つことに。

PM8:00、神戸の自宅を出発。
小雨が降り注ぐ中、
ROUTE2をGO WEST。

加古川に着くあたりに姫路に住んでいる
友達から電話が入る。

「今から自転車で行くけど会える?」

「急すぎるわ!!」

はい、その通り。

そしてAM0:00頃、姫路に到着。
その時猛烈な睡魔に襲われ、
急遽仮眠を取ることに。

目ぼしい場所を探すこと約1HOUR。
ようやく見つけた駐車場。
あたりに人影はひとつもなし。
道路から見える心配もなし。
歩道からも見える心配なし。

だってもし、
「人が倒れてます!」って通報されたら
大変やもんね。

闇と同化し仮眠を取ること約2HOURS。
そろそろ行こうか。

AM3:00に姫路を出発。
その後もひたすらROUTE2を西へ!西へ!

日本の道路と海外の道路を比較して感じたこと。
日本の道路は路肩が狭い。
やからトラックなんかが通り過ぎるときは命がけ。

絶対にハンドルは動かさない。
自分は石だ、石だと腕に言い聞かせ、
直立不動、もとい、着席不動で路肩を走行。

そうこうしているうちに岡山県へ突入。
もう日も明けかかっている頃、
山道を走っていると県境へ到着。

嬉しかった。
感動というか、
自分の力でここまで来たぞ!っていう
生きてる感をかみしめた。

少し行くとエネルギー補給。
僕にとってのガソリンスタンドは、
コンビニエンスストア。

この旅でどれほどのカップラーメンを食べたことか。
いや、そんなに食べてないか。

太陽が昇りきり、
いよいよこれから1日が始まろうとしていた。

すると大きな河に辿り着く。

河の水面にはまだ薄い霧が立ち込めていて、
水が見えずに岸と中州しか見えなかった。

それはまるで空を飛んでいる島のよう。
いや、もっと幻想的な世界に来ている感覚だった。

なんて小説的な表現はこれくらいにし、
とにかくその光景に感動した。

バスやったらさっと過ぎ去るとこでも、
ゆっくり行くことによって色んなものを
かみしめられる。

いやー、たまにはのんびり進むのもいいですね。

岡山市を経て、
倉敷市を経て、
経続けること約4HOURS。

広島県まで後20kmを切ったころ、
マイパートナーの後輪が豪快な音を繰り返す。

「ガチャガチャガッチャ」

立ち止まり持って来た工具で修理を施す。
音は収まり再び走行開始。

しかし再発!
再出発むなしく、
再修理を余儀なくされる。

そして再修繕が完了し、
再々出発。

幸先よく、
さっきまでの音もなく軽快に走行再始動。
畦道の溝に警戒しながら。

しかし!!
遂に破滅の音が・・・。

それは今までに聞いたことのないような、
まるで自転車がもう走れませんと泣き叫んでいるような、
もう休ませてくれと懇願しているような、
そんな音だった。

その時運良く自転車屋さんの前に辿り着く。

そして自転車屋さんのおっちゃんに診てもらう。

「先生、どこか悪いところありませんか?」

「・・・」

「先生、覚悟はできているのではっきり言って下さい。」

「・・・、もう限界じゃな。」

「・・・」


それが我が愛車との最期の別れの瞬間だった。

思えば高校1年生から乗り続け、
琵琶湖2周、淡路島1周、
そして大学時代にも活躍を続け、
計約8YEARSを共にすごしてきた。

走行距離もそこらへんの原チャに負けてねぇぜ!

そんな誇れる我がパートナーとの別れは
さびしくもあったが、
これから起こる旅の想像が膨らみ、
ワクワク感で胸がいっぱいだった。

実際自転車屋さんのおっちゃんに車で駅まで送ってもらったり、
自転車を無料で引き取ってもらったりと、
人の暖かいところに触れることができた。

忘れかけていたこと。
心の温かさを失ってはいけない。

それは、
もしかすると人の心を暖める力なのかもしれない。

そしてここからは文明の利器による移動。
これもまたいとをかし。

でも、
2HOURS野宿が祟ったのか、
乗車して間もなく気を失う。

気が付けば終点にて車掌さんに揺り起こされる。
ザ・爆睡!

終点にて更に乗り換え、
友人Fのいる町へ到着。

まずは突然の出費による金欠から脱するため、
郵便局を探す旅に出る。

郵便局の匂いのするほうへ歩いていくと、
郵便局を発見!!

すると間もなく道行くおっちゃんに尋ねられる。

「すいません、この辺りに郵便局ありませんか?」

「あっ、それならここの道を真っ直ぐ行ったあそこにありますよ。
 あれがそうです。」

「ありがとうございます。」

「いえいえ。」

キセキ(?)の瞬間。

知らない土地での道案内。
それも自分が見つけた5秒後に。

見つかってよかった。

その時は小雨が降り注いでいたが僕は傘を持っていなく、
ベトナムで購入した帽子をかぶっていただけだった。

その道を聞いてきたおっちゃんが、

「傘ないんですか?」

「そうなんですよ。」

「じゃ、一緒に入りましょう。」

おっちゃんとの相々傘は、
どんな大雨をも凌げる気がした。

そして様々な場所を訪問。

夕暮れも近づき、
友人Fが迎えに来てくれた。

この間神戸で出会ったが、
広島で会った時はまたロマンを感じる瞬間だった。

その夜は友人Fと飲みに行く。

いろんな話をしたが、
話せば話すだけどんどん感化されていく。
まだまだ負けていられない。

友人Fは正直自分よりもがんばっている気がした。
やからこそ自分ももっともっともがいて行く。

どんなことにも腹を括り覚悟を決め、
命を懸けて取り込んでいく。
それでこそ見えてくる。

そんなことを感じた瞬間だった。

次は自分がそう思わせられるようになっていたい。

友人F宅へ辿り着き、
久々の布の上での就寝。

もう爆睡。
ずっと爆睡。
It's BAKUSUI!!

次の日、広島観光を敢行。
アジアを旅しているように、
頭の中で自分地図を作っていく。

あてもなく歩き、
情報を掴みとり、
それを参考に進んでいく。

とある美術館に立ち寄ったときは、
物語を作れるブースがあった。

普段何気なく感じていることに、
想像力を働かし作り上げていく。

その作業自体も楽しいし、
ロマンを感じられる感覚を育てられる気がする。

僕は「風」について物語を作ってみた。
知りたいというマニアな方はぜひご一報を。

その後中心街へ移動し、
ぶらぶらお散歩ウォーキング。

そういえば、
この間地下鉄で隣にいた団体の1人が、
「あの公園の長椅子チェアーがさ、・・・」
と言っていた。

便乗犯。

夜には仕事終わりの友人Fが迎えに来てくれ、
広島焼を食す。

友人Fオススメのお店は、
オススメ通り最高に美味しかった!

マスターもナイスガイで、
また行きたいと思った。


最終日は友人Fの高校のサッカー部の試合を観戦。
見ているだけで自分もやりたくなってくる。

猛暑の中走り動く高校生たち。
思わず自分の中にも熱くなるものを感じる。

試合後コーチの方と少しの間対談。

伝えたいことを伝えた。
それによって何か変わったり、
プラスな影響が発信できればと思い、
話し続けた。

そのせいで、
帰りのバスに超ギリギリの時間に。

友人Fのおかげでギリギリ間に合う。

ギリギリでいつも生きていたいと思っていたが、
迷惑をかけちゃあいけねぇな。

申し訳なかった。

そして無事神戸へ帰り着く。

非常に濃い3日間だった。

次こそは友人F宅まで自転車で辿り着く!!
その決意を胸に、
今日も直せる自転車を物色中。

明らかに捨ててある自転車を直して乗っても、
窃盗になるのかな。


アルバイトも決まり、
これからバリバリ働きMANになっていくぜ。

目標があって、それで喜ばせることができれば
より仕事にも熱意が溢れていくよね。

よし!レッツワーキングだ!!
スポンサーサイト

Comment

長椅子チェアーのくだり、好きやで。


長旅おつかれ^^


そして、明らかに捨てられてるのでも(いや、むしろそっちの方が)チャリの窃盗はあかんで。

おつかれー

おれも今使ってるチャリが11年目で正直買い換えないといけないんだけど……でもまだ使えるからずるずるいってます。
その分愛着も出ちゃってて……。
壊れたその自転車もそこまで乗ってもらえて逆にうれしかっただろうね☆

おひさしぶりです。

こんにちわ。

覚えてるかな?
去年の8月、チェンマイのバナナにしげを
尋ねに来たときに、あった・・・・

中2の息子とふたりできてたんだけど・・・

突然、ごめんね。

ちょっと、お尋ね。

チェンマイのバナナ以外の日本人宿、知ってる?

たしか、君はそっちに泊まってた?

知ってたら、おしえて。

それから、広島に自転車の
旅?今度は、そのまま、九州においで。
泊めてあげるから(笑)

では、see you again


広島までチャリか!!ちなみに、俺の故郷は広島です。神戸にいる時、一度もチャリで行ってみようとは思わなかった。タツヤのバイタリティーはすごい。

りょうちゃん

自分の経歴に傷はつけられない・・・。


茶坊主さん

ぜひとも最後の最後まで使いまくったってください!
愛着は愛情です。


ゲンキママさん

お久しぶりです!
もちろん覚えてます。
ブログ見てくれはってありがとうございます!!
チェンマイのゲストハウスですが、『タイウェイゲストハウス』というのがもう一つの日本人宿です。
自分はそちらに泊まっていました。
バナナから見ると南西の方角にあります。
堀の南沿いの通りに面してまして、日本語でゲストハウスの名前が書いてあるのですぐにわかると思います。

もう一回行かはるんですか??


金子さん

ありがとうございます!!
ほな次の機会には実家にお邪魔させてもらいます。笑

ありがとー。

私ではなく、娘が、今チェンマイにいってて・・


バナナが、なくなったもんで・・


あれから、一年。

早いもんだね。

チェンマイで出会った子達が4人、やってきました。

まるで、ゲストハウス。


しばらく、泊まって旅立っていきました。


あなたも、九州に来る事があったら、

いつでもどうぞ。

寝るとことご飯はなんとか、なるよ。

ただ、我が家は人使いあらいけどね(笑)




ゲンキママさん

バナナなくなったんですか!?
びっくりしました。

是非とも泊まらせてください(^^)
そのときには必死のパッチで働きます。笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。