プロフィール

Yagi Tatsuuuya

Author:Yagi Tatsuuuya
現在:中東諸国
年齢:25
趣味:球蹴り・球就き・はたまた旅
現状:分岐点に立つ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
今日のお天気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぼろ月夜。

「掃除機の中に吸い込めないものが暮らしにはあり」とは、
馬場俊英さんの歌の一節であるが、
妙に心に感じる午前1時。

いつもなら寝ているような時間でも、
日によっては目が冴えているときがある。

それは自分の中の何かが活発に動いているからだろうか。
それともただ単にあまり疲れていないだけだろうか。

ちなみに今は目が冴えている。
昼寝したからね。

近頃は1日1日が猛スピードで駆け抜けていっている
気がする。

いや、むしろ自分が1日1日を駆け抜けているのでしょうか。
うん、そう思うことにしよう。

駆け抜けたほうがやり過ごすよりも、
はるかに自分の中に溜めていける。

それはあせりとはまた違う。
急いでいるともちと違う。

欲求というか、本能というか。
その方が楽しいと思えるというか。

もちろん駆け抜けてばかりいてはあかん。
大事なものを見落とすかもしれない。

たまには立ち止まって見回してみることも必要かも。


近頃は卒業論文のためもあり、
色んな人の話を聞き、色んな人の考えに触れられている。

これは非常に楽しい。
なにがって、そりゃあ自分にとっての新世界が開けるからかな。

ルフィにとってのグランドライン。
孫悟空にとっての天下一武道会。
湘北にとっての山王戦。

未知との遭遇ってことかな。

これだけ色々なことを考える人がいて、
しかもそれは日本だけでなく世界中に住んでいる人が、
それぞれの考えや世界を持っている。

まさにこの世はでっかい宝島。

どんどん吸収MAXでいこう。


ついてない日々の面白み―yoshimotobanana.com〈9〉 (新潮文庫)ついてない日々の面白み―yoshimotobanana.com〈9〉 (新潮文庫)
(2006/12)
よしもと ばなな

商品詳細を見る



作者の日記を読ませてもらった。
日々感じたことがそのまま読めるわけだから、
かなり臨場感がある。

他人の日記を見るなんて普段では考えられない。
むしろそれはタブーとされている。

でも読み進めていくうちに、
その人になりきるというか、
その人になっているとも違うが、
その人の生活に入り込んでいる感覚になる。

自分の想像ではあるが、
こんな風景でこんな気持ちになる。
こんな場面ではこんな思いを抱く。

ひとつの日記ではあるが、
想像しだいでいくつもの日記になっていく。

これは読者であるが故の楽しみなのかもね。

ならそれを最大限活用して、
ひとつの本や物語を
無限に広げていくことにしよう。

「空想膨らます冒険家 寝る前はいつも俺の遊び場」
とは HOME MADE 家族の歌の一節であるが、
空想の世界を冒険しながら遊ぶって、
ロマンのある響きがする。

遊びながらの冒険とはちょっと違う。

そこからもっと中身を熟成させていこう。
冒険しながら遊ぶとはそんなことなのかも。


そういえば過去に「違う世界に思いを馳せる時間はもったいない、
その時間にもっと目の前や足元を見て集中していく」と
書いたような気もするが、
それを失っては人としての醍醐味のひとつがなくなる気がするので、
目の前にを徹底する必要はないと思う。

たしかにスーパー大事なことだと思うが、
この醍醐味は失いたくはない。

要はバランスってことかな。



牛乳を1本スーパーへ買いに行ったとき、
本当はレジ袋を欲しかったのに牛乳が入りそうなカバンを持っていたので
思わず「袋いらないです」と言ってしまいました。
素直になれなくて。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。