プロフィール

Yagi Tatsuuuya

Author:Yagi Tatsuuuya
現在:中東諸国
年齢:25
趣味:球蹴り・球就き・はたまた旅
現状:分岐点に立つ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
今日のお天気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dreamer.

昨日の疲れのため、
22:00就寝、
4:30起床。
なんと健康的な生活か。

なぜそんなに疲れていたのか。
それはサッカーの試合のためである。
毎試合こんな感じなのですが。

負けはしましたが、
なんといってもあと4日で引退。
一度は引退した身でありますが、
ここまでもっかいサッカーに熱く注ぎ込むことができるのは、
自分の想いもあるけれど、
チームに感謝したい。

今のチームメンバーやからこそ就活が終わってすぐ戻れたと思うし、
残りを全力で注いでいきたい。
ちなみに最終戦は7日(日)11:00から外大にて開催されますので、
よかったら足を運んでください。


こういう文章は普通引退してから書くものであろうが、
ここでもっかい燃やしていくために確認したい。

自分の中の「こんな人かっこいいリスト」に、
「全力で取り組める人」がある。

テレビを見てても、
新聞を読んでも、
何事にも全力魂の人はかっこいい。

そんなに熱くなれるものを見つけることが
まず難しいのかもしれないが、
是非ともそれは見つけたい。

そして自分はそれを見つけられたと思う。
今までの生活の中で。

といっても、小学生からやっていることだから
体に染み込んでいるのでしょう。

高校では一度離れたが、
やはり気になって仕方がなかった。

そして大学にて友達に誘われたのもあるが、
もう一度やりたいと思い蹴球集団へ。

「なぜこんなに苦しい思いをするのに続けるのか」
と、自分の中での疑問は今もある。

でも、体は勝手に苦しい方向に動くし、
自分の気持ちも「まだや、まだこんなもんやない」と
前に向かっていく。

自分をここまで走らせるものは何なのか。

結局は「好きだから」なのでしょう。

好きだから情熱を注ぎ込めるし、
好きだから苦しい思いをしても「まだや」と思える。

この「好き」は薄っぺらいものではないと考える。
どんな苦境も重圧にも負けない「好き」なのである。

サッカー部に戻ってからは、
自分が大袈裟に感じているだけだったのかもしれないが、
重圧を感じるときもあった。

しかしそれを乗り越えられたのは、
自分の中の「好き」が大きかったのでしょう。

しかしそれだけでは乗り越えられない。
共に汗を流す「仲間」がいてこそ、
今につなげられたのだと思う。
そこは忘れてはいけない。

何度助けられたのかはわからない。
心の財産です。


しんどいときに考えることがある。

自分はこれまでほんまに膨大な時間、
走ってボールを蹴ってきた。

今のしんどい時間も今までやってきた時間に比べたらほんの少し。
たったこんだけぐらい余裕やわ、と。

自分を奮い立たせる言葉は人それぞれだと思うが、
僕が大切にしているものがある。

フィールドでプレーする誰もが、
必ず一度や二度の屈辱を味わされるだろう。
今まで打ちのめされた事が無い選手等いない。
ただ、一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうと努める。
並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い。
そして敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。

                                       ダレル・ロイヤルの手紙


辛くなったときや、
心が折れそうになったときこの言葉を思い出す。

何かに負けそうになったとき、
まだ自分にはやっていないことがある。
まだまだできることがある。
速く立ち上がって続けよう、そう思わせてくれる。

どんなに技術があっても、
どんなに才能があっても、
気持ちがそこになければ何にもならないと思う。

強い想いを欠いては何も動かない。
自分を動かすのは自分の気持ち。
それは絶対だと思う。

そしてもう一つ(これは前にも書いたかも)。

何日も何十日も
地味な反復練習
基礎トレーニングの繰り返し
その積み重ねのみが
勝利を引き寄せる

              アイシールド21より


もちろんその分、量をこなさなければならないが、
それが自信になることは間違いない。
だからこそできることがある。

最後の粘りで絶対にそういうところが活きてくると思う。
だから一瞬も気は抜けない。


こう言っている自分はどうかというと、
やはり気を抜いたり思い込みからや諦める気持ちがよぎる時があった。

それは自分の弱さである。
だからこそ、
絶対にそんなことはせず、
注いでいきたい。

今日もきばっていこう。
スポンサーサイト

Comment

おきばりやす。

やりまくってきました(^^)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。