プロフィール

Yagi Tatsuuuya

Author:Yagi Tatsuuuya
現在:中東諸国
年齢:25
趣味:球蹴り・球就き・はたまた旅
現状:分岐点に立つ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
今日のお天気

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白地図。

早朝の公園は良い。
程よい湿気と、
まだ冷たい空気。

地面に落ちた葉っぱは湿っているので、
転ばないように気をつけて歩かねば。

秋の深まりとともに冬の近づきを感じる午前7時。
公園をウォーキングしていると、
木々の葉が真っ赤に染まっていること、
イチョウの葉がとても鮮やかな色をしていることなど、
様々なことに気が付く。

そして季節を感じる。

季節の移り変わりというのは早いもので、
時間の経過を教えてくれる。

この時間は自分だけのものではなく、
地球の裏側でも同じように時間は流れている。

そこに住む人たちも今日を生きているし、
彼らの生活を送っている。

昨年、アジアを旅して考えていた。
自分は今ベトナムにいて色んな景色を見て、
色んな人たちに出会うが、
同じ瞬間に日本でも色んなことが起きていて、
新たな命が誕生しているかもしれない。

ふと忘れそうなときがある。
自分の世界だけが「世界」と思ってしまうときがある。

そうではない。
地球上にはもっと多様な、数え切れない存在があり、
自分はその中のひとつであるということ。

となりの人が持っているものは違うし、
自分の考えも違う。

でも、全く違うわけではない。
そこにはひとつの共通点があると思う。

この地球上に生きているということ。


ひとつのせかいちずひとつのせかいちず
(2003/08/28)
伊勢 華子

商品詳細を見る



「せかいちず」というと、
日本が真ん中にあって、東側にアメリカ大陸。
西側にユーラシア大陸。
南東にはオセアニア。
南西には東南アジアを思い浮かべる。

でも違っていた。

たしかにそれは存在しているが、
もっと違う「せかいちず」もこの世には存在する。

「心のせかいちず」が誰の中にもある。

「となりの人のせかいちずを少しでも思うことができれば」とは、
この本のオビに記されている文である。

実際、この本の中には様々なせかいちずが存在していた。

大切な人がいるちず。
自分の国の国旗がせかいになっているちず。
宇宙も含め、せかいと捉えるちず。
地球儀をそのまま書いたちず。

もちろんここに紹介したものはほんの少しであるが、
それぞれが心に描く「せかいちず」というものがある。

自分が思っている「せかい」がすべてではない。
ついそう考えてしまいそうだが、
立ち止まって見直したい。

押し付けてはいないであろうか。


難民キャンプにて、配給物資に人だかりができている。
箱があいた途端に奪い合う人の群れに、目をそらそうとする
自分の弱さを知る。生きることに私は親しくなりすぎていた。
                                       本文より



便利さが優先し、「生きる」ことばかりで「死ぬこと」と疎遠になりそうな
日本社会においては、生きることに親しくなってしまう。

もちろん解釈はそれぞれであるが、
私はそう思う。

でもそれは個人の意志で何とでも守ることができる。
「生死」という言葉の通り、
「生きる」ことと「死ぬこと」は表裏一体。

自分に戒めたい。


知らないことは多いけれど、
ときに”知りません”という言葉は乱暴で、
人を傷つけることもある。
                          本文より



いつも何気なく使う一言に、
はっと気付かされた。

日常はもちろん、
世界では様々なものが絡み合っている。

それは宗教や文化だけでなく、お互いの利権であったり、
国益や領土の問題であったりもする。

そんな日常や世界の中で真剣に話をしようとしても、
”知りません”の一言はとても暴力的になるときもある。

万物を知っている人なんてこの世にはいないし、
万事を予測できる人も存在しない。

でも、できる限り知りたい。
知るようにしていきたい。
そして世界を広げていきたい。

そうすることが今できる最大限であると思う。

もう一度旅をしたくなってきた。
それは海外だけでなく、
日常でも可能である。

今度はどこを訪ねようか。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。